次回のセミナー 

Last modified: Thu Nov 27 20:55:49 JST 2008

2008年12月12日(金曜日), 16:30--18:00

場所:光工学研究室 (情報システム工学科 2号棟 3階)
研究進展報告:なし
論文紹介: 曽根 宏靖(つづき)
T.B.A. Z.X. Zhang, K. Xu, J. Wu, X.B. Hong, and J.T. Lin, `` Multiwavelength figure-of-eight fiber laser with a nonlinear optical loop mirror ,'' Laser Phys. Lett. 5(3), 213--216 (2008).

2008年12月19日(金曜日), 16:30--18:00

場所:光工学研究室 (情報システム工学科 2号棟 3階)
中間発表会

過去のセミナー

2008年11月27日(木曜日), 16:30--18:00

場所:光工学研究室 (情報システム工学科 2号棟 3階)
研究進展報告:
後藤 陽:偏斜照明による超解像:テストターゲット観察とその観 察像における効果など
若栗 幸子:低温型雪結晶の人工生成と 3次元構造解析:砲弾型お よび砲弾集合型雪結晶の安定的生成条件と生成過程観察,温度計校 正
論文紹介: 曽根 宏靖
T.B.A. Z.X. Zhang, K. Xu, J. Wu, X.B. Hong, and J.T. Lin, `` Multiwavelength figure-of-eight fiber laser with a nonlinear optical loop mirror ,'' Laser Phys. Lett. 5(3), 213--216 (2008).

2008年11月21日(金曜日), 16:30--18:40

場所:光工学研究室 (情報システム工学科 2号棟 3階)
研究進展報告:
岩城 達也:フラクショナルフーリエ変換の数値計算アルゴリズム におけるスケーリング則についての仮説と実証
円光 達也:全光ファイバ型超短パルスレーザーの作製 (パルス安 定化,8の字型共振器でのパルス発生実験)
論文紹介: 原田 康浩(つづき)
H. Toge, H. Fujiwara, and K. Sato, ``One-shot digital holography for recording color-3D images,'' Proc. SPIE 6912, 69120U-1 -- 69120U-7 (2008). in Practical Holography XXII: Materials and Applications H.I. Bjelkhagen, R.K. Kostuk Eds.

2008年11月15日(金曜日), 16:30--18:10

場所:光工学研究室 (情報システム工学科 2号棟 3階)
研究進展報告:
曽根 宏靖: テーパー型ファイバにおける SC 発生の数値計算 (1.06um 帯,周囲媒質:重水 & 空気), 発生 SC 光の位相補償の数 値計算解析(構想)
福山 慎吾:二重ランダム位相暗号化法におけるランダム位相マス クの統計特性と暗号化度合の関係:ランダム位相マスクの統計 特性評価量の見直し,暗号化度の評価利用に見直し.
論文紹介: 原田 康浩
H. Toge, H. Fujiwara, and K. Sato, ``One-shot digital holography for recording color-3D images,'' Proc. SPIE 6912, 69120U-1 -- 69120U-7 (2008). in Practical Holography XXII: Materials and Applications H.I. Bjelkhagen, R.K. Kostuk Eds.

2008年11月 7日(金曜日), 16:30--18:10

場所:光工学研究室 (情報システム工学科 2号棟 3階)
研究進展報告:なし
論文紹介: 曽根 宏靖(つづき)
C. Xiong, A. Witkowska, S.G. Leon-Saval, T.A. Birks, and W.J. Wadsworth, ``Enhancsed visible continuum generation from a microchip 1064nm laser,'' Optics Express 14 (13), 6188--6293 (2006).
学会参加報告:日本光学会年次学術講演会 (Optics & Photonics Japan 2008)
原田 康浩:発表内容と質疑応答内容,今後の予定,気になった発表など
福山 慎吾:発表内容と質疑応答,今後の予定,気になった発表, 学会に参加しての感想

2008年10月30日(金曜日), 16:30--18:00

場所:光工学研究室 (情報システム工学科 2号棟 3階)
研究進展報告: 無し
論文紹介: 無し
学会発表練習: Optics & Photonics Japan 2008 (Nov. 4--6, 2008, Tsukuba)
福山 慎吾:二重ランダム位相暗号化システムにおけるランダム位相マスクの統計特性と暗号化度の関係(11/5 PM, Poster Session)
原田 康浩:空間キャリアを利用したシングルショット位相シフトディジタルホログラフィー (11/5 AM, Oral Session)

2008年10月25日(金曜日), 16:30--18:10

場所:光工学研究室 (情報システム工学科 2号棟 3階)
研究進展報告:
後藤 陽:偏斜照明を用いた超解像光学システム
若栗 幸子:低温型雪結晶の人工生成と構造解析
論文紹介: 曽根 宏靖
C. Xiong, A. Witkowska, S.G. Leon-Saval, T.A. Birks, and W.J. Wadsworth, ``Enhancsed visible continuum generation from a microchip 1064nm laser,'' Optics Express 14 (13), 6188--6293 (2006).

2008年10月16日(金曜日), 16:30--18:00

場所:光工学研究室 (情報システム工学科 2号棟 3階)
研究進展報告:
岩城 達也:非整数次フーリエ変換の数値計算アルゴリズムの検証・ 開発
円光 達也:全光ファイバー型超単パルス発生システムの製作
論文紹介: 原田 康浩
Y. Awatsuji, M. Sasada, and T. Kubota, ``Parallel quasi-phase-shifting digital holography," Applied Physics Letters 85 (6), 1069--1071 (2004).
cf.
Y. Awatsuji, M. Sasada, A. Fujii, and T. Kubota, ``Scheme to imropve the reconstructed image in parallel quasi-phase-shifting digital holography,'' Applied Optics 45(5) 968--974 (10 February, 2006).
Y. Awatsuji, A. Fujii, T. Kubota, and O. Matoba, ``Parallel three-step phase-shifting digital holography,'' Applied Optics 45 (13), 2995--3002 (1 May, 2006).
Y. Awatsuji, T. Tahara, A. Kaneko, T. Koyama, K. Nishio, S. Ura, T. Kubota, and O. Matoba, ``Parallel two-step phase-shifting digital holography,'' Applied Optics 47(19), D183--D189 (1 July, 2008).

2008年10月10日(金曜日), 16:30--18:00

場所:光工学研究室 (情報システム工学科 2号棟 3階)
研究進展報告:
曽根 宏靖:1064nm パルスによる分散制御テーパーファイバー中の 超広帯域光発生の数値解析ほか
福山 慎吾:液晶パネルを用いたランダム位相変調暗号化システム の実現と評価
論文紹介: 原田 康浩
Y. Awatsuji, M. Sasada, and T. Kubota, ``Parallel quasi-phase-shifting digital holography," Applied Physics Letters 85 (6), 1069--1071 (2004).
cf.
Y. Awatsuji, M. Sasada, A. Fujii, and T. Kubota, ``Scheme to imropve the reconstructed image in parallel quasi-phase-shifting digital holography,'' Applied Optics 45(5) 968--974 (10 February, 2006).
Y. Awatsuji, A. Fujii, T. Kubota, and O. Matoba, ``Parallel three-step phase-shifting digital holography,'' Applied Optics 45 (13), 2995--3002 (1 May, 2006).
Y. Awatsuji, T. Tahara, A. Kaneko, T. Koyama, K. Nishio, S. Ura, T. Kubota, and O. Matoba, ``Parallel two-step phase-shifting digital holography,'' Applied Optics 47(19), D183--D189 (1 July, 2008).

2008年 2月 7日(木), 16:30--18:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
岩城 達也
水沢 知広(追加報告)
論文紹介: 曽根 宏靖(第2回目)
S. Yamashita, S.Y. Set, C.S. Goh, and K. Kikuchi, ``Ultrafast Saturable Absorbers Based on Carbon Nanotubes and Their Applications to Passively Mode-Locked Fiber Lasers,'' Electronics and Communications in Japan, Part 2, 90 (2), 17--24 (2007).

2008年 1月31日(木), 16:30--18:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
小坂 浩章
三浦 慎太郎
論文紹介: 曽根 宏靖
S. Yamashita, S.Y. Set, C.S. Goh, and K. Kikuchi, ``Ultrafast Saturable Absorbers Based on Carbon Nanotubes and Their Applications to Passively Mode-Locked Fiber Lasers,'' Electronics and Communications in Japan, Part 2, 90 (2), 17--24 (2007).

2008年 1月23日(木), 16:30--18:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
水沢 知広
本田 章博
論文紹介: なし(先週で完了)

2008年 1月17日(木), 16:30--18:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
満岡 直城(応物支部会の報告)
福山 慎吾(応物支部会の報告)
論文紹介: 原田 康浩
L. Martinez-Leon and B. Javidi, ``Synthetic aperture single-exposure on-axis digital holography,'' Optics Express 16 (1), 161--169 (2008).

2007年12月20日(木), 10:00--12:05

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:修士論文,卒業研究,CS研究中間発表会
満岡 直城
福山 慎吾
水沢 知広
小坂 浩章
三浦 慎太郎
本田 章博
岩城 達也
後藤 陽

2007年12月13日(木), 16:30--18:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
岩城 達也
後藤 陽
論文紹介: 満岡 直城 (第2週目)
J.W. Goodman, Introduction to Fourier Optics, 2nd Ed. (McGraw-Hill, New York, 1996), Chap.7 Wavefront Modulation.

2007年11月29日(木), 16:30--18:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
小坂 浩章
三浦 慎太郎
論文紹介: 満岡 直城
J.W. Goodman, Introduction to Fourier Optics, 2nd Ed. (McGraw-Hill, New York, 1996), Chap.7 Wavefront Modulation.

2007年11月22日(木), 16:30--18:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
本田 章博
水沢 知広
論文紹介: 満岡 直城(延期)

2007年11月15日(木), 16:30--18:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
満岡 直城
福山 慎吾
論文紹介: 満岡 直城(延期)

2007年11月8日(木), 16:30--18:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
岩城 達也
後藤 陽
論文紹介: 曽根 宏靖 (第2週目)
K. Shimamura, H. Yoshida, K, Tanaka, H. Okada, H. Fujita, M. Nakatsuka, H. Sawada, and M. Yoshida, ``All polarization-maintaining type Yb mode-locked fiber laser with photonic crystal fiber,'' Electronics and Communications in Japan, Part 2 90 (5), 27--32 (2007).

2007年11月 1日(木), 16:30--18:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
小坂 浩章
三浦 慎太郎
論文紹介: 曽根 宏靖
K. Shimamura, H. Yoshida, K, Tanaka, H. Okada, H. Fujita, M. Nakatsuka, H. Sawada, and M. Yoshida, ``All polarization-maintaining type Yb mode-locked fiber laser with photonic crystal fiber,'' Electronics and Communications in Japan, Part 2 90 (5), 27--32 (2007).

2007年10月25日(木), 16:30--18:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
本田 章博
水沢 知広
論文紹介: 原田 康浩 (第2週目)
M. Yamauchi and T. Eiju, ``Phase Modulation Capability of Thin Twisted Nematics Liquid Crystal Panels at Double-Pass Configurations,'' Optical Review 2 (1), 24--26 (1995).
Y. Zhisheng, L. Yulin, L. Jifang, and H. Zhengquan, ``Measurement of the phase modulation of liquid-crystal television by a noniterferometric technique,'' Applied Optics 37 (14), 3069--3075 (1998).
W.-C. Hung, M.-S. Tsai, C.-R. Wang, I.-M. Jiang, and W.-H. Cheng, ``Simple parameter determination for twisted nematic liquid-crystal display,'' Applied Optics 46 (17), 3493--3497 (2007).

2007年10月18日(木), 16:30--18:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
満岡 直城
福山 慎吾
論文紹介: 原田 康浩
M. Yamauchi and T. Eiju, ``Phase Modulation Capability of Thin Twisted Nematics Liquid Crystal Panels at Double-Pass Configurations,'' Optical Review 2 (1), 24--26 (1995).
Y. Zhisheng, L. Yulin, L. Jifang, and H. Zhengquan, ``Measurement of the phase modulation of liquid-crystal television by a noniterferometric technique,'' Applied Optics 37 (14), 3069--3075 (1998).
W.-C. Hung, M.-S. Tsai, C.-R. Wang, I.-M. Jiang, and W.-H. Cheng, ``Simple parameter determination for twisted nematic liquid-crystal display,'' Applied Optics 46 (17), 3493--3497 (2007).

2007年 8月 3日(金), 15:00--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:修論,卒論,CS 研究の中間発表
満岡 直城
小坂 浩章
三浦 慎太郎
水沢 知広
本田 章博
福山 慎吾
岩城 達也
後藤 陽
論文紹介: なし

2007年 7月20日(金), 15:00--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
小坂 浩章
三浦 慎太郎
水沢 知広
本田 章博
論文紹介: 曽根 宏靖
M. Matsuike, N. Nishizawa, M. Mori, R. Goto, and T. Goto, ``Analysis of Correlations among Supercontinuum Spectra Using Liquid Crytal Spatial Light Modulator,'' Electrical Engineering in Japan 158 (3), 55--60 (2007).

2007年 7月13日(金), 15:00--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告: なし
論文紹介: 原田 康浩 (つづき)
H.-E. Hwang and P. Han, ``Fast algorithm of phase masks for image encryption in the Fresnel domain,'' J. Optical Society of America A 23 (8), 1870--1874 (2006).

2007年 7月 6日(金), 15:00--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
満岡 直城
福山 慎吾
岩城 達也
後藤 陽
論文紹介: 満岡 直城(前回の残り)
論文紹介: 原田 康浩
H.-E. Hwang and P. Han, ``Fast algorithm of phase masks for image encryption in the Fresnel domain,'' J. Optical Society of America A 23 (8), 1870--1874 (2006).

2007年 6月18日(月), 15:00--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
小坂 浩章
三浦 慎太郎
水沢 知広
本田 章博
論文紹介: 満岡 直城
X. Meng, L. Cai, X. Yang, X. Sheng, and G. Dong, ``Information security sysytem by iterative multiple-phase retrieval and pixel random permutation,'' Applied Optics 45 (14), 3289--3297 (2006).

2007年 6月 4日(月), 15:00--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
満岡 直城
福山 慎吾
論文紹介: 曽根 宏靖
C.M.B. Cordeiro, W.J. Wadsworth, T.A. Birks, and P.St.J. Russell, ``Engieering the dispersion of tapered fibers for supercontinuum generation with a 1064nm pump laser,'' Optics Letters 30 (15), 1980--1982 (2005).

2007年 5月21日(月), 15:00--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告(研究紹介):
原田 康浩
満岡 直城
曽根 宏靖
論文紹介: 原田 康浩
P.A. Stokeseth, ``Properties of a defocused optical system,'' J. Optical Society of America 59 (10), 1314--1321 (1969).

2007年 2月 5日(月), 15:00--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
土田 賢二
満岡 直城
佐藤 繁
塚本 健
渡辺 彬義
福山 慎吾
論文紹介: なし

2007年 1月22日(月), 15:00--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
土田 賢二
満岡 直城
佐藤 繁
塚本 健
渡辺 彬義
福山 慎吾
論文紹介: 満岡 直城
J.R. Fienup, ``Phase retrieval algorithms: a comparison,'' Applied Optics 21 (15), 2758--2769 (1982).

2006年12月25日(月), 15:00--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
福山 慎吾
論文紹介: 満岡 直城 (次回に延期)
応用物理学会北海道支部学術講演会発表練習
土田 賢二
満岡 直城
佐藤 繁
渡辺 彬義

2006年12月11日(月), 15:00--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
佐藤 繁
塚本 健
論文紹介: 土田 賢二
G. Situ and J. Zhang, ``Double random-phase encoding in the Fresnel domain,'' Optics Letters 29 (14), 1584--1586 (2004).

2006年11月27日(月), 15:00--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
土田 賢二
満岡 直城:SITA 2006 の発表内容の説明
論文紹介: 曽根 宏靖
K. Sugawara, N. Uesugi, and K. Himeno, ``Supercontinuum generation in a 1.37um zero-dispersion single-mode fiber pumped by nano-second optical pulses,'' in Techical Digest of 11th OptoElectronics and Communications Conferences (OECC2006) 4D2-2-1 -- 4D2-2-2 (Taiwan, July 3--7, 2006).

2006年11月13日(月), 15:00--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
福山 慎吾
渡辺 彬義
論文紹介: 原田 康浩
Z. Ulanowski, ``Ice analog halos,'' Applied Optics 44 (27), 5745--5758 (2005).

2006年10月30日(月), 15:00--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
佐藤 繁
塚本 健
論文紹介: 満岡 直城
J.R. Fienup, ``Phase retrieval algorithms: a comparison,'' Applied Optics 21 (15), 2758--2769 (1982).

2006年10月16日(月), 15:00--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
土田 賢二
満岡 直城
論文紹介: 土田 賢二
U. Gopinathan, D.S. Monaghan, T.J. Naughton, and J.T. Sheridan, ``A kown-plaintext heuristic attack on the Fourier plane encryption algorithm,'' Optics Express 14 (8), 3181--3186 (2006).

2006年 7月28日(金), 15:00--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
土田 賢二
塚本 健
渡辺 彬義
論文紹介: 曽根 宏靖
P. O'Sher, M. Kimmel, X. Gu, and R. Trebino, ``Highly sumplified device for ultrashort-pulse measurement,'' Optics Letters 26 (12), 932--934 (2001).

2006年 7月14日(金), 15:00--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
満岡 直城
佐藤 繁
福山 慎吾
論文紹介: 原田 康浩
T. Matsuoka, S. Uratsuka, A. Takahashi, T. Kobayashi, M. Satake, A. Nadai, T. Umehara, H. Wakabayashi, and F. Nishio, ``A backscattering model for bubbles in lake ice and comparisons with satellite and aribone SAR data,'' in Proceedings of International Goescience and Remote Sensing Symposium: IGRASS1999 , 107--109 (1999).

2006年 6月30日(金), 15:00--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
土田 賢二
塚本 健
渡辺 彬義
論文紹介: 満岡 直城

2006年 6月23日(金), 15:00--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
論文紹介: 土田 賢二

2006年 6月16日(金), 15:00--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
論文紹介: Reziwan Maimaiti
I. Freund, ``Ploraization singularities in optical lattices,'' Optics Letters 29(8), 875--877 (2004).

2006年 6月 2日(金), 15:00--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
論文紹介: 曽根 宏靖
F. Lu and W.H. Knox, ``Generation of a broadband continuum with high spectral coherence in tapered single-mode optical fibers,'' Optics Express 12(2), 347--353 (2004).

2006年 5月19日(金), 15:00--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
土田 賢二:
満岡 直城:卒業研究の内容
塚本 健:CS研究の内容
渡辺 彬義:CS研究の内容
論文紹介: 原田 康浩
F. Zhang, I. Yamaguchi, and L.P. Yaroslavsky, ``Algorithm for reconstruction of digital holograms with adjustable magnification,'' Optics Letters 29 (14), 1668--1670 (2004).

2005年度分の情報,収集・整理中

2005年 5月26日(木曜日), 14:40--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
論文紹介: Reziwan Maimaiti
Title: TBA
研究進展報告:
嶋崎 誠人
満岡 直城
和賀 秀平

2005年 5月12日(木曜日), 14:40--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
論文紹介: 曽根 宏靖
Title: X. Fang and R.O. Claus, ``Polarization-independent all-fiber wavelength-division multiplexer based on a Sagnac interferometer,'' Optics Letters 20(20), 2146--2148 (1995).
研究進展報告:
土田 賢二

2005年 4月 28日(木曜日), 14:40--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
論文紹介: 原田 康浩
Title:
  1. A. Stern and B. Javidi, ``Analysis of practical sampling and reconstruction from Fresnel fields,'' Optical Engineering 43(1), 239--250 (2004) (to be contiuned to the next).
  2. J. W. Goodman, Introduction to Fourier Optics, 2nd Ed., (McGraw-Hill, New York, 1996), Chap.5 Wave-Optics Analysis of Cohrent Optical Systems, 5.4 ANALYSIS OF COMPLEX COHERENT OPTICAL SYSTEMS. (to be contiuned to the next).
研究進展報告:
なし

2004年12月17日(金曜日), 16:30--18:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
論文紹介: 買買提 熱孜万
Title: TBA
研究進展報告:
嶋崎 誠人
土田 賢二
福岡 武志

2004年12月10日(金曜日), 16:20--18:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
研究進展報告:
満岡 直城:
和賀 秀平:

2004年11月26日(金曜日), 16:20--18:30

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
論文紹介: 曽根 宏靖
C.S. Kim, Y.G. Han, R.M. Sova, U.C. Paek, Y. Chung, and J.U. Kang, ``Optical figer modal birefrengence measurement based on Lyot-Sagnac interferometer,'' IEEE Photonics Technology Letters 15(2), 269--271 (2003).
研究進展報告:
竹野 寧一:

2004年11月12日(金曜日), 16:30--18:30

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
論文紹介: 曽根 宏靖
C.S. Kim, Y.G. Han, R.M. Sova, U.C. Paek, Y. Chung, and J.U. Kang, ``Optical figer modal birefrengence measurement based on Lyot-Sagnac interferometer,'' IEEE Photonics Technology Letters 15(2), 269--271 (2003).
研究進展報告:
竹野 寧一:

2004年10月22日(金曜日), 16:20--18:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
論文紹介: 原田 康浩
X. Yang, Q. Tan, X. Wei, Y. Xiang, Y. Yangm G. Jin, ``Improved fast fractional-Fourier-transform algorithm,'' J. Opt. Soc. Am. A 21(9), 1677--1681 (2004).
研究進展報告:
嶋崎 誠人:
土田 賢二:
福岡 武志:

2004年 7月 5日(月曜日), 15:00--16:40

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
論文紹介(国際会議発表内容の紹介・発表練習): 曽根 宏靖
研究進展報告:
濱田 武志:超解像について,
竹野 寧一:レーザーマニピュレーションの原理
満岡 直城:光学的 2次元画像暗号化のk研究動向
和賀 秀平:ホログラフィーとディジタルホログラフィーの相違

2004年 6月28日(月曜日), 15:00--17:30

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
論文紹介:原田康浩
J. Leach, G. Sinclair, P. Jordan, J. Courtial, M.J. Padgett, J. Cooper, and Z.J. Laczik, ``3D manipulation of particles into crystal structures using holographi optical tweezers,'' Optics Express, 12(1), 220--226 (2004).
研究進展報告:
嶋崎 誠人:シミュレーションプログラムの改良 & 様々なパラメー タでのシミュレーション
土田 賢二:ディジタルホログラフィーを用いた暗号化/復号化シ ステム
福岡 武志:光弾性実験/光ファイバの基礎知識

2004年 6月14日(月曜日), 15:00--17:30

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
論文紹介:嶋崎 誠人
Arthur Ashkin, ``The Pressure of Laser Light,'' Scientific America, 226(2), 62--71 (1972).
研究進展報告:
濱田 武志:フーリエ光学に基づく超解像光学システムの開発
竹野 寧一:光の放射圧とこれを利用した光りピンセットについて
満岡 直城:情報の暗号化・復号化について
和賀 秀平:ホログラフィー技術について

2004年 5月31日(月曜日), 15:00--18:10

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
論文紹介:Reziwan Maimaiti
L.Z. Cai, X.L. Yang, and Y.R. Wang, ``Formation of a microfiber bundle by interference of three noncoplaner beams,'' Optics Letters, 26(23), 1848--1860 (2001).
研究進展報告:嶋崎誠人,土田賢二,福岡武志

2004年 5月17日(月曜日), 15:00--16:30

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
論文紹介:曽根宏靖
T. Yamamoto, H. Kubota, S. Kawanishi, M. Tanaka, and S. Yamaguchi, ``Highly nonlinear dispersion-flattened polarization-maintaining photonic crystal fiber in 1.55 um region,'' IEICE Trans. Electron., E87-C(2), 250--252 (2004).

2004年 4月26日(月曜日), 15:00--17:00

場所:大学院演習室 (情報システム工学科 2号棟 1階)
論文紹介:原田康浩
E. Tajahuerce, O. Matoba, S.C. Verrall, and B. Javid, ``Optoelectronic information encryption with pahse-shifting interferometry,'' Applied Optics 39 (14), 2313--2320 (2000).
新メンバー向けに再度紹介

2004年 2月20日(金曜日), 09:30--12:00

場所:セミナー室 3 (情報システム工学科 1号棟 3階)
論文紹介:曽根宏靖
N. Nishizawa and T. Goto, ``Widely wavelength-tunable ultrashort pulse generation using polarization maintaining optical fiber,'' IEEE. J. Quantum Electronics, 7(4), 518--524 (2001).
卒業研究発表練習
嶋崎誠人,M.D. Fazlee, 山口高志,横内義典

2004年 2月 9日(金曜日), 17:00--18:30

場所:セミナー室 3 (情報システム工学科 1号棟 3階)
論文紹介:原田康浩
M. Sypek, C. Prokopwicz, and M. Gorecki, ``Image multiplying and high-frequency oscillations effects in the Fresnel region light propagation simulation,'' Optical Enginneering 42 (11), 3158--3164 (2003).
M. Sypek, ``Light propagation in the Fresnel region. New numerial approach," Optics Communications 116, 43--48 (1995).

2004年 1月 30日(金曜日), 10:00--12:00

場所:光工学研究室 (情報システム工学科 2号棟 3階)
研究進展状況報告:嶋崎誠人,山口高志,横内義典,M.D. Fazlee

2003年12月22日(月曜日), 14:40--17:00

場所:メディア会議室 (情報システム工学科 1号棟 1階)
卒業研究中間発表会

2003年 12月 12日(金曜日), 10:00--12:00

場所:光工学研究室 (情報システム工学科 2号棟 3階)
論文紹介:原田康浩
S. Grill, P. Gerraro, S. De Nicola, A. Ginzio, G. Poerattini, and R. Meucci, ``Whole optical wavefields reconstruction by Digital Holography,'' Optics Express 9 (6), 294--301 (2001). http://www.opticsexpress.org/abstract.cfm?URI=OPEX-9-6-294
研究進展状況報告:嶋崎誠人,山口高志

2003年 11月 28日(金曜日), 10:00--12:00

場所:光工学研究室 (情報システム工学科 2号棟 3階)
論文紹介 1:曽根宏靖 (残り)
J. M. Dudley and S. Coen, ``Numerical simulation and coherence properties of supercontinuum generation in photonic crystal and tapered optical fibers'' IEEE J. Selected Topics In Quantum Electronics 8(3), 651--659 (2002).
研究進展状況報告:横内義典,M.D. Fazlee

2003年11月14日(金) 10:00--12:00 & 16:30--17:30

場所:光工学研究室 (情報システム工学科 2号棟 3階)
論文紹介:曽根宏靖
J. M. Dudley and S. Coen, ``Numerical simulation and coherence properties of supercontinuum generation in photonic crystal and tapered optical fibers'' IEEE J. Selected Topics In Quantum Electronics 8(3), 651--659 (2002).
研究進展状況報告:嶋崎誠人,山口高志

2003年10月31日(金) 10:00--12:00 & 16:30--17:00

場所:光工学研究室 (情報システム工学科 2号棟 3階)
論文紹介:原田康浩
L.Z. Cai, X.L. Yang, and Y.R. Wang, ``Formation of a microfiber bundle by interference of three noncoplanar beams,'' Optics Letters 26(23), 1858--1860 (2001).
L.Z. Cai, X.L. Yang, and Y.R. Wang, ``All fourteen Bravis lattices can be formed by interference of four noncoplanar beams'' Optics Letters 27(11), 900--902 (2002).
研究進展状況報告:横内義典, M.D. ファズリー

2003年10月23日(金) 10:00--12:00@メディア会議室

自己組織化現象とナノテクノロジー
講師:岩井俊昭先生(北海道大学電子科学研究所附属ナノテクノロジー研究センター・助教授)
光放射圧下での微粒子運動の計算機シミュレーション
講師:石井勝弘先生(北海道大学電子科学研究所附属ナノテクノロジー研究センター・助助手)
セミナーの様子はこちら

2003年10月17日(金) 10:00--12:00@光工学研究室

論文紹介:曽根宏靖
J.M. Harbold, F.O. Ilday, F.W. Wise, T.A. Birks, W.J. Wadsworth, and Z. Chen, ``Long-wavelength continuum generation about the second dispersion zero of a taper fiber,'' Optics Letters 27(17), 1558--1560 (2002).
研究進展状況報告:嶋崎誠人,山口高志

2月14日(金), 14:00--16:00@メディア会議室

    研究室卒業論文発表会(公開)
    発表順:(1人あたり, 発表15分, 質疑応答 5分)
    15:00--15:20 緒方 毅 「レーザー放射圧を用いた微粒子の 規則構造生成過程の計算機シミュレーション解析」
    15:20--15:40 田上 智之 「分散フラット/減少ファイバーに おける相互位相変調効果を利用したスーパーコンティニウムスペクトル 発生の数値解析」
    15:40--16:00 木村 真吾 「フラクショナル・フーリエ変換に 基づくフレネル回折場の高速数値計算法」
    16:00--16:20 小竹 裕一 「ディジタル・ホログラフィーによ る立体形状計測へのフラクショナル・フーリエ変換の応用」
    16:20--16:40 伊関 彰 「フラクショナル・フーリエ変換の 暗号化画像複合への応用」」

February 12, 2003, Wednesday, 14:00--17:00 @ Semiar Room #3

  1. 原田 康浩: X. Peng, Z. Cui, and T. Tan, ``Information encryption with virtual-optics imaging system,'' Optics Communications 212, 235--245 (2002).
  2. 曽根 宏靖:T.Okuno, M. Onishi, and M. Nishimura, ``Generation of ultra-broad-band supercontinuum by dispersion-flattened and decreasing fiber,'' IEEE Photonics Technology Letters 10(1), 72--74 (1998).
修士論文発表練習

February 5, 2003, Wednesday, 14:00--17:00 @ Semiar Room #3

    研究進展状況報告
    1. 戸田 光洋: ---> 研究の進展はまったくなし
    2. 伊関 彰
    3. 緒方 毅
    4. 木村 真吾
    5. 小竹 裕一
    6. 田上 智之
    論文紹介
    1. 戸田 光洋 (Mitsuhiro TODA): D. Mendlvic, D. Farkas, Z. Zalevsky, and A.W. Lohmann, ``High-frequency enhancement by an optical system for superresolution of temporally restricted objects,'' Optics Letters 23(19), 801--803 (1988). ---> ようやく完了

January 29, 2003, Wednesday, 15:00--17:00 @ Seminar Room #3

担当者突然の欠席につき、中止

December 25, 2002, Wednesday, 15:00--18:00 @ Media Meeting Room of the Department

    修士論文・卒業論文中間発表 & 忘年会兼仮配属 3年生歓迎会
      15:00--15:40; 戸田 光洋 :「変調および復調用移動格子の位置 を任意とする超解像光学システム」  
      15:40--16:10; 緒方 毅:「レーザー放射圧を用いた微粒子の規則配列構造生成過程の計算機シミュレーション解析」
      16:10--16:30; 田上 智之:無題
      16:30--16:50; 木村 真吾:「フレネル回折場の高速数値計算法の 開発」
      16:50--17:20; 小竹 裕一:無題
      17:20--17:40; 伊関 彰:「フラクショナルフーリエ変換の暗号化 画像復号への応用」

December 11, 2002, Wednesday, 14:00--17:00 @ Semiar Room #3

    研究進展状況報告
    1. 木村 真吾
    2. 小竹 裕一
    3. 田上 智之
    論文紹介
    1. 戸田 光洋 (Mitsuhiro TODA): D. Mendlvic, D. Farkas, Z. Zalevsky, and A.W. Lohmann, ``High-frequency enhancement by an optical system for superresolution of temporally restricted objects,'' Optics Letters 23(19), 801--803 (1988). ---> 購読不十分,次回へ延期

November 27, 2002, Wednesday, 14:00--17:00 @ Semiar Room #3

    研究進展状況報告
      1. 伊関 彰
      2. 緒方 毅
      3. 戸田 光洋
      論文紹介
      1. 戸田 光洋: I. Leiserson, S.G. Lipson, and V. Sarafis, ``Superresolution in far-field imagings,'' Optics Letters 25(4), 209--211 (2000). ---> 購読不十分,紹介取り下げ

November 13, 2002, Wednesday, 14:00--17:00 @ Semiar Room #3

    研究進展状況報告
    1. 木村 真吾
    2. 小竹 裕一
    3. 田上 智之
    論文紹介
    1. 曽根 宏靖 : J.K. Chandalia, B.J. Eggleton, R.S. Windeler, S.G. Kosinski, X. Liu, and C. Xu, ``Adiabatic coupling in tapered air-silica microstructured optical fiber,'' Proc. Optical Fiber Conference 2001 (OFC2001), TuC2-1.

November 6, 2002, Wednesday, 14:00--17:00 @ Semiar Room #3

    研究進展状況報告
    1. 戸田 光洋
    2. 伊関 彰
    3. 緒方 毅
    論文紹介
    1. 原田 康浩 : Shuntian Liu, Li Yu, and Banghe Zhu, ``Optical image encryption by cascaded fractional Fourier transforms with rondom phase filtering,'' Optics Communications 187, 57--63 (2001), Shuntian Liu, Quanlin Mi, and Banghe Zhu, ``Opical image encyption with multistage and multichannel fractional Fourier-domain filtering,'' Optics Letters 26 (16), 1242--1244 (2001).

March 4, 2002, Monday, 14:00--16:00 @ Data Room of the Lab.

  1. Presentation of the Research of Undergraduate Thesis
    **第2回**研究室卒業研究発表会@光工学研究室 (情報システム工学科 2号棟 3階)
    研究室外からの聴講者に吉田秀樹先生を向かえて、無事、終了(かなり凹んだ人もいましたが...)。
    4年生はもちろん、サポートしてくれたマスターコースの学生のみなさん、大変ご苦労さまでした。
    発表会の様子はここで見られます。
    14:00--14:30; 東 健太郎 (Kentaro AZUMA) :「変調および復調用移動格子の設置位置を任意とする超解像光学システムの特性解析」
    14:30--15:00; 小山田 康一郎 (Kochiro OYAMADA):「伝播距離に依存しないフレネル回折場の数値計算法の開発と評価」
    15:00--15:30; 葛西 崇 (Takashi KASAI):「イメージコンジットを用いた三次元結晶格子状光強度分布の形成とそのフォトニック結晶生成への応用」
    15:30--16:00; ハムダン ラフィダ (Rafidah HAMDAN):「レーザービーム放射圧を用いた微粒子凝集過程の計算機シミュレーションによる解析と可視化」

February 22, 2002, Friday, 14:00--16:00 @ Data Room of the Lab.

  1. Presentation of the Research of Undergraduate Thesis
    **第 1回**研究室卒業研究発表会@光工学研究室 (情報システム工学科 2号棟 3階)
    発表者全員が頑張って研究を進め、発表の準備をしていましたが、発表の結果、一部研究内容の詳細な検討・考察の不足、発表資料の不備、研究の進展が不良のため、再度発表会を催すことになりました。
    第1回卒業研究発表会の様子は、ここでご覧になれます。
    14:00--14:30; 東 健太郎 (Kentaro AZUMA) :「変調および復調用移動格子の設置位置を任意とする超解像光学システムの特性解析」
    14:30--15:00; 小山田 康一郎 (Kochiro OYAMADA):「伝播距離に依存しないフレネル回折場の数値計算法の開発と評価」
    15:00--15:30; 葛西 崇 (Takashi KASAI):「イメージコンジットを用いた三次元結晶格子状光強度分布の形成とそのフォトニック結晶生成への応用」
    15:30--16:00; ハムダン ラフィダ (Rafidah HAMDAN):「レーザービーム放射圧を用いた微粒子凝集過程の計算機シミュレーションによる解析と可視化」

February 15, 2002, Friday, 14:40--17:00 @ Data Room of the Lab.

  1. Introduction of articles in journals
    曽根 宏靖 (Hiroyasu SONE)
    Article: J.K. Ranka, R.S. Windeler, and A.J. Stentz, ``Visible continuum generation in air-silica microstructure optical fibers with anomalous dispersion at 800 nm,'' Optics Letters 25 (1), 25--27 (2000).
  2. Introduction of progress in each research subject
    小山田 康一郎 (Koichiro OYAMADA)

February 8, 2002, Friday, 14:40--17:00 @ Data Room of the Lab.

  1. Introduction of articles in journals
    戸田 光洋 (Mitsuhiro TODA)
    Article: H. Dammann and K. G{\"o}rtler, ``High-efficiency in-line multiple imaging by means of multiple phase holograms,'' Optics Communications 3 (3), 312--315 (1971).
  2. Introduction of progress in each research subject
    東 健太郎 (Kentaro AZUMA)
    戸田 光洋 (Mitsuhiro TODA)
    葛西 崇 (Takashi KASAI)
    ハムダン ラフィダ (Radidah HAMDAN)

February 1, 2002, Friday, 14:40--17:00 @ Data Room of the Lab.

  1. Introduction of articles in journals
    戸田 光洋 (Mitsuhiro TODA)
    Article: Dannman Grating の解説 --- 準備不足のため次回回し。
  2. Introduction of progress in each research subject
    小山田 康一郎 (Koichiro OYAMADA)
    千葉 匡春 (Masaharu CHIBA) --- 修士論文のまとめのため、特に研究の進展はなし。
    ハムダン ラフィダ (Radidah HAMDAN) --- 特別教育プログラム参加のため欠席。次回に発表。

December 21, 2001, Friday, 15:40--17:20 @ Data Room of the Lab.

  1. Pre-Presentation of the Research of Undergraduate Thesis
    15:40--16:00; 東 健太郎 (Kentaro AZUMA)
    16:00--16:20; 小山田 康一郎 (Kochiro OYAMADA)
    16:20--16:40; 葛西 崇 (Takashi KASAI)
    16:40--17:00; ハムダン ラフィダ (Rafidah HAMDAN)
    17:30-- ; 研究室忘年会@データルーム
    研究室忘年会の様子は、ここでご覧になれます。

December 14, 2001, Friday, 14:40--17:00 @ Data Room of the Lab.

  1. Introduction of articles in journals
    戸田 光洋 (Mitsuhiro TODA)
    Article: D.C. O'Shea, ``Reduction of the zero-order intensity in binary Dammann gratings,'' Applied Optics 34 (28), 6533--6537 (1995).
  2. Introduction of progress in each research subject
    東 健太郎 (Kentaro AZUMA)----急病により欠席.次週の卒論中間発表会で頑張るらしい.
    戸田 光洋 (Mitsuhiro TODA)----論文紹介のための準備で手一杯で研究進展なし・研究進展状況報告もなし
    葛西 崇 (Takashi KASAI)

December 7, 2001, Friday, 17:00--18:30 @ Data Room of the Lab.

  1. Introduction of articles in journals
    戸田 光洋 (Mitsuhiro TODA)---準備不足.次週に延期.Postponed to the next week since he couldn't prepare the materials.
  2. Introduction of progress in each research subject
    小山田 康一郎 (Koichiro OYAMADA)---準備不足.
    千葉 匡春 (Masaharu CHIBA)
    ハムダン ラフィダ (Radidah HAMDAN)

November 30, 2001, Friday, 16:00--18:00 @ Data Room of the Lab.

  1. Introduction of articles in journals
    原田 康浩 (Yasuhiro HARADA)
    Aricles: E. Tajahuerce, O. Matoba, S.C. Verrall, and B. Javidi, ``Optoelectronic infromation encryption with phase-shifting interferometry,'' Applied Optics 39 (14), 2313--2320 (2000).
  2. Introduction of progress in each research subject
    東 健太郎 (Kentaro AZUMA)---準備不足, 卒業が危ない!
    戸田 光洋 (Mitsuhiro TODA)
    葛西 崇 (Takashi KASAI)

November 16, 2001, Friday, 14:40--17:00 @ Data Room of the Lab.

  1. Introduction of articles in journals
    曽根宏靖 (Hiroyasu SONE)
    Aricles: T. Morioka, S. Kawanishi, K. Mori, and M. Saruwatari, ``Tramsform-limited, femtsecond WDM pulse generation by spectral filtering of gigahertz supercontinuum,'' Electronic Letters, 30(14), 1666--1668 (1994).
  2. Introduction of progress in each research subject

July 23--25, 2001, 合同セミナー 2001 in 和寒

  1. 原田 康浩: 「計算機シミュレーションのためのレーザー放射圧の計算理論と適用範囲」
  2. ハムダン B. ラフィダ: 「コンピュータシミュレーションによって得られたレーザー放射圧下ブラウン運動粒子データの 3D CG による可視化」
  3. 葛西 崇: 「イメージ・コンジット出射光を用いた規則的干渉パターンの生成と応用」
  4. 小山田 康一郎: 「フラクショナル・フーリエ変換を用いた回折計算」
  5. 千葉 匡春: 「非整数次フーリエ変換によるディジタルフレネルホログラムからの像再生」
  6. 曽根 宏靖: 「光ファイバーを用いた Supercontinuum 発生」
  7. 東 健太郎: 「より柔軟な超解像光学系の可能性の解析」
  8. 戸田 光洋: 「コンピュータによる復調を利用した超解像光学システムの検証」
セミナーのしおり(プログラム)

January 25, 2001, Thursday, 13:30--16:00 @ Exercise Room for Graduate Students

  1. Introduction of articles in journals
    千葉 匡春 (Masaharu CHIBA)
    Aricles: I. Yamaguchi and T. Zhang, ``Phase-shifting digital holography,'' Optics Letters 22 (16), 1268--1270 (1997).
  2. Introduction of progress in each research subject
    小堀 堅司 (Kenji KOBORI)
    戸田 光洋 (Mitsuhiro TODA)
    宮田 雅貴 (Masaki MIYATA)
    横澤 和隆 (Kazutaka YOKOSAWA)

January 18, 2000, Thursday, 13:30--16:00 @ Exercise Room for Graduate Students

  1. Introduction of articles in journals
    坪田 秀規 (Hideki TSUBOTA)
    Aricles: A. Macke, M.I. Mishchenko, K. Muinonen, and B.E. Carlson, ``Scattering of light by large nonspherical particles: ray-tracing approximation versus T-matrix method,'' Optics Letters 20 (19), 1934--1936 (1995).
  2. Introduction of progress in each research subject
    千葉 匡春 (Masaharu CHIBA)

December 14, 2000, Thursday, 13:30--16:00 @ Exercise Room for Graduate Students

  1. Introduction of articles in journals
    倉知 健至 (Kenji KURACHI)
    Aricles: L.L. Deck and P.J. de Groot, ``Punctuated quadrature phase-shifting interferometry,'' Optics Letters 23 (1), 19--21 (1998).
  2. Introduction of progress in each research subject
    坪田 秀規 (Hideki TSUBOTA)

December 7, 2000, Thursday, 13:30--16:00 @ Exercise Room for Graduate Students

  1. Introduction of articles in journals
    相原 允 (Makoto AIHARA)
    Aricles: Y. Inouye and S. Kawata, ``Near-field scanning optical microscope with a metallic probe tip,'' Optics Letters 19 (3), 159--161 (1884).
  2. Introduction of progress in each research subject
    倉知 健至 (Kenji KURACHI)

November 30, 2000, Thursday, 13:30--16:00 @ Exercise Room for Graduate Students

  1. Introduction of articles in journals
    原田 康浩 (Yasuhiro HARADA)
    Aricles: A. Shemer, D. Mendlovic, Z. Zalevsky, J. Garcia, and P.G. Martinez, ``Superresolving optical system with time multiplexing and computer decoding,'' Applied Optics 38 (35), 7245--7251 (1999).
  2. Introduction of progress in each research subject
    相原 允 (Makoto AIHARA)

July 21--23, 2000, 合同セミナー 2000 in 屈斜路湖

  1. 原田 康浩: 「結像光学系の空間周波数特性とその改善--超解像光学システムの理論--」
  2. 坪田 秀規: 「レーザー放射圧下ブラウン運動粒子の運動特性解析」
  3. 相原 允: 「金属粒子に作用するレーザー放射圧の粒子径依存性」
  4. 倉知 健至: 「逆正接演算が不要な位相回復法における微分演算の影響」
  5. 千葉 匡春: 「フラクショナルフーリエ変換によるディジタルホログラムからの像再生」
セミナーのしおり(プログラム)

June 22, 2000, Thursday, 14:00--17:00 @ Exercise Room for Graduate Students

  1. Introduction of articles in journals
    千葉 匡春 (Masaharu CHIBA)
    Aricles: J. Hua, L. Liu, and G. Li, ``Observing the fractional Fourier transform by free-space Fresnel diffraction,'' Applied Optics 36 (2), 512--513 (1997).
  2. Introduction of progress in each research subject
    小堀 堅司 (Kenji KOBORI)
    戸田 光洋 (Mitsuhiro TODA)
    宮田 雅貴 (Masaki MIYATA)
    横澤 和隆 (Kazutaka YOKOSAWA)

June 8, 2000, Thursday, 14:00--17:00 @ Exercise Room for Graduate Students
June 15, 2000, Thursday, 14:00--17:00 @ Exercise Room for Graduate Students

  1. Introduction of articles in journals
    坪田 秀規 (Hideki TSUBOTA)
    Aricles: E. Wolf and J.T. Foley, ``Do evanescent waves contribute to the far field?'' Optics Letters 23 (1), 16--18 (1998).
  2. Introduction of progress in each research subject
    千葉 匡春 (Masaharu CHIBA)

June 2, 2000, Friday, 15:00--18:00 @ Exercise Room for Graduate Students

  1. Introduction of articles in journals
    倉知 健至 (Kenji KURACHI)
    Aricles: A. Dubois and A.C. Boccara, ``Real-time reflectivity and topography imagery of depth-resolved microscopic surfaces,'' Optics Letters 24 (5), 309--311 (1999).
  2. Introduction of progress in each research subject
    坪田 秀規 (Hideki TSUBOTA)

May 25, 2000, Thursday, 14:00--17:00 @ Exercise Room for Graduate Students

  1. Introduction of articles in journals
    相原 允 (Makoto AIHARA)
    Aricles: K. Svoboda and S.M. Block, ``Optical trapping of metallic Rayleigh particles,'' Optics Letters 19 (13), 930--932 (1994).
    H. Furukawa and I. Yamaguchi, ``Optical trapping of metallic particles by a fixed Gaussian beam,'' Optics Letters 23 (3), 216--218 (1998).
  2. Introduction of progress in each research subject
    倉知 健至 (Kenji KURACHI)

May 18, 2000, Thursday, 14:00--17:00 @ Exercise Room for Graduate Students

  1. Introduction of articles in journals
    原田 康浩 (Yasuhiro HARADA)
    Aricles: S. Nemoto and H. Togo, ``Axial force acting on a dielectric sphere in a focsed laser beam,'' Applied Optics 37 (27), 6386--6394 (1998).
  2. Introduction of progress in each research subject
    相原 允 (Makoto AIHARA)

cf. 原田が北見工業大学に赴任後(1997)からやっていた 光・画像処理セミナー (現在は中止)